バイトと派遣に関わるお仕事情報満載!

メリットはある?未経験でもできる夜勤・深夜アルバイトの種類

現在では、24時間営業の店舗や夜間に作業をする仕事の求人も増えてきました。数ある職種のなかでそれぞれの特徴や仕事内容は主にどんなことをするのでしょうか?

 

今回はそんな夜勤と深夜アルバイトのまとめと代表的なものをハケントバイトライター達の実体験を基に解説します!

 

夜勤アルバイトのメリット

 

まず始めに、夜勤案件の魅力は高い時給が期待できるということでしょう。元々の時給が高く設定されているところもあり、更に深夜22時以降の仕事に発生する「深夜手当」によって時給が25%もアップします。

 

また、深夜勤務は傾向として日中業務よりも負担が少ないことも多く、楽だからやるという方も多いですね。特に接客業はその傾向が顕著で、当然ながら日中よりも活動をしている人間の絶対数が減るぶん、業務の負担がそれほどでもなくなるといったメリットもあるわけです。

 

ただし、注意したいのが「楽だからやる」という理由で漠然と仕事に応募することは危険でもあります。

 

当然ながら、雇用主はお金を払っている分、それ相応の業務が割り振られていることもあり、日中にできない事務作業を任せられるなどのことが考えられるためです。

 

夜勤アルバイトはきつい?大変な事やデメリット

 

初めての挑戦であれば何かと夜勤に関しては不安に思うこともたくさんありますよね。具体的に夜勤経験者達が感じるデメリットはどのようなことがあるのでしょうか?

 

体調を崩しやすい

 

人間は本来、日中に行動し夜は就寝するように設計されています。体内時計は思っているよりも正確で、深夜の業務を行うと体に支障をきたしてしまう方もいることは事実です。

 

特に長いこと勤めるようになると、他の人間と孤立されているような疎外感を感じることがあり、精神的なストレスが溜まりそれが最悪の場合、病気に発展することも。

 

日常生活が不便

 

夜勤として勤めると日々の生活において様々な不便さを感じることになるのでしょう。経験者が語るものは以下となります。

 

《特に不便と感じること》

  • 買い物などはネット中心にせざるえない
  • 他者と予定を合わせることが難しい
  • 起きてる時間に見たいテレビがない
  • 休日と言えど夜型の生活
  • 洗濯物が干しっぱなしになる
  • 夏の昼間は暑くて寝れない

 

やはり、多くの人とは違う生活を送ることを余儀なくされるのでそれにあわせて様々な弊害もあるようです。

 

夜勤業務の特徴

 

夜勤のお仕事は特徴として以下のようなものがあります。

 

仮眠時間がある所も

 

勤務時間が長い職場では仮眠時間を設けています。例えば筆者の経験したホテルフロントスタッフでは、18:00~翌9:00というシフトで業務の合間に3時間の仮眠を取っていました。

 

他の職場でも勤務時間が長いところは多く、その際は1~2時間の仮眠時間を設けています。筆者の場合は、中途半端に3時間寝てしまうことで、変に体が元気になってしまい家に帰ってすぐに寝れないということもありましたね。

 

ちなみに労働法によって、労働が6時間以上は45分の休憩を8時間以上の場合は1時間の休憩を義務づけられています。夜勤と一言で言っても様々なシフトがあるので、この部分は特に重視して選ぶようにするのがおすすめです。

 

一人での業務は稀

 

よく人と関わるのが好きではないという理由で深夜アルバイトをする人がいますが、思っているよりも完全単独で業務を行う職種は少ないです。

 

ニュースなどを見ると、よくコンビニや牛丼店のワンオペが問題となっていますが、実際は必ずといっていいほど、同僚や同業者がいます。

 

夜勤業務ができる仕事とその内容

 

それでは実際に夜勤アルバイトを募集する職種にはどのような仕事があるのでしょうか?主に飲食店やサービス業の業種が数多くあります。

 

コンビニエンスストア店員

 

忙しさ:★★

稼げる度:★★★

 

深夜帯のスタッフは接客をしつつ、翌日の準備を主に行います。朝方から販売するおにぎりやサンドイッチを並べたり、店内のポスターや入口の横断幕の張り替えなど、やることは意外にも多彩なので体力を使う仕事が多めです。そのため、店舗によってはかなりの忙しさとなるところもあるようです。ただし、郊外の店舗や住居地域の店舗では全く忙しくないという意見もあります。基本は2人制で仕事を行います。

 

 

牛丼店

 

忙しさ:★★★

稼げる度:★★★

 

夜の時間は、長距離運送ドライバーや若者の利用によって混み合うこともあります。また、意外と深夜帯は牛丼店で晩酌を始める人も居るので、そうしたお客さんの対応が重なると時にかなりの忙しさを感じることもあるようです。

 

ただ経験者が語る一番厄介に感じることは、お客さんが深夜でもパラパラと入店してくることで、気が休まる時間がなかなかないという意見が多いです。たしかに誰もいない店内と1人でもお客様が食事している場合では気の持ちようが変わりますからね。基本は2人制で仕事を行います。

 

 

カラオケスタッフ

忙しさ:★★★★

稼げる度:★★★

 

休前日と土曜日は激務と言っても過言ではありません。利用者が多く、何しろ夜に来るお客様の大半はアルコールのオーダーがあります。

 

利用者は朝方までずっといるケースも多いため、スタッフはお酒やフードの提供、酔っ払いの対応、内線での通知など落ち着く暇もなく仕事に回る夜間アルバイトのなかでも屈指の忙しさを誇ると言えます。

 

ただし、業務は複数人で行うので仕事量も分散されます。夜でも騒がしく仕事をしたい人にはおすすめです。

 

 

ネットカフェ店員

忙しさ:★★

稼げる度:★★

 

漫画喫茶の受付スタッフとして勤めることになります。お客さん自体の入りは多いですが、マンガを読みに来たり、単純に寝るだけでの利用をする方が大半なので、受付を済ませれば後にすることは、漫画棚の整理や軽食の調理くらいで行う業務は少ないです。忙しい時間帯は朝方チェックアウト時の精算業務くらいでしょうか。基本は2~3人体制で業務を行います。

 

ホテルフロントスタッフ

 

忙しさ:★★

稼げる度:★★★

 

宿泊者のチェックインとチェックアウト業務を行います。求人によって勤務時間の幅が広いですが、夜勤は社員のみで行うホテルも多いのであまり流通はしていないように感じますね。

 

ホテルフロントは接客を苦手としないなら仕事自体はそこまで大変ではありませんが、システムなどを覚えることに最初は苦労します。

 

今では、楽天やじゃらんなど様々な宿泊サイトがあり宿泊者がどこサイトからの予約なのかや、支払い方法もクレジットカード払いや事前カード決済と言った他職ではあまり経験しない精算を頻繁におこなうなど、様々な知識を身につける必要があります。業務自体は2人以上で必ず行います。

 

 

サービス業以外の深夜バイト

 

深夜に働くお仕事で多い求人は主に接客業が多いですが、できるだけ人と関わらずに落ち着いて仕事をしたい言う場合は、以下のようなサービス業以外の求人を検討してみましょう。

 

施設警備員

 

忙しさ:

稼げる度:★★★

 

委託を受けた施設の巡回警備を行います。現場は企業オフィスビルや病院、24時間営業の大型商業施設などと多彩です。

 

定期的に館内の見回り、業者車両の車庫誘導、施錠などを行いますが、はっきり言って経験をしたアルバイトの中では群を抜いて楽に感じます。見回り以外の時間帯は主に詰所で待機をしてトラブルが発生したときに確認に向かうのですが、トラブルなんてそうそう起きません。

 

店舗のスタッフも滞在している施設では、時にスタッフの作業を手伝うこともありますが、メイン業務は警備になるので、大体が待機の時間で一日が終わります。

 

また、施設警備員は派遣スタッフとしての業務になることが多いので、日払い対応やシフトの融通が利きやすいこもメリットと言えるでしょうね。基本は1~2人体制で業務をします。

 

 

交通誘導員

 

忙しさ:★★

稼げる度:★★★

 

道路工事は、交通量の少なくなる夜間に行われるものが多く案件は豊富にあります。片側交互通行や通行止め区間に看板を配置して車両を誘導する業務となりますが、車両は夜中でもポツポツ来ますよ。

 

特に大変なのは、立ちっぱなしの状態がずっと続くということであり、それでもボーッと立っていては車両の接近に気づけないので眠くなりやすい業務ながら気は抜けないところ。

 

ちなみに片側交互通行に関しては誘導が反対側の警備員と連携する必要もあるので、経験者が優遇される案件ともなっています。基本は1~2人体制(+工事者)で業務をします。

 

 

工場・仕分け・検品アルバイト

 

忙しさ:★★★

稼げる度:★★★

 

主に食品を扱う工場の中には、朝方の出荷などに合わせるために深夜でも工場を稼働させているところがあります。

 

目立つ所では、パンやケーキといった賞味期限の短いデイリー商品の製造、検品、仕分けスタッフなどがよく募集されています。

 

工場での業務は、単純労働の繰り返しで誰でも簡単にできるものになりますが、やること自体は日中に勤める人の業務とあまり変わらないため作業量で考えると深夜バイトのなかでは多い部類に入ります。

 

 

単発工事関係のアルバイト

 

忙しさ:★★★★

稼げる度:★★★★

 

日中に営業している店舗の改修工事などの中には、営業時間終了後に行い翌日の回転までに終わらせる仕事などもあります。

 

主にアルバイトとしては「雑工スタッフ」として働くことができ、現場作業時における資材の搬出入の手伝いや各業者が工事を行いやすいように簡単な補助などをします。主に力作業が中心です。

 

主に派遣登録をしての紹介業務になるので、単発の案件が中心で継続的に勤められることはほとんどありませんが、日払いで日当は12000円くらいで高収入も期待できるので人気はある求人とも言えます。

 

 

パチンコ台入れ替えスタッフ

 

忙しさ:★★★★★

稼げる度:★★★★★

 

パチンコ店は定期的に新台を導入するので、その際にこの仕事は発生します。主に単発案件ですが、求人自体は多いので片っ端から参加すればそれなりに勤務ができるでしょう。

 

業務の大変さで言えば、おそらく今回紹介する中でもナンバーワンです。実際は忙しいというよりも、とにかくキツい・・・

 

既存の台を取り外して、枠の中に新しい台をはめ込む作業をするのですが、トラックから運ぶパチンコやスロット台は約20~50キロ程もある驚異の重さです。

 

とにかく台は持ちづらく、複数人いても基本的に台は一人で運ぶので、途中でリタイヤする人もいるくらいです。中には階段駆け上がって運ぶ地獄の現場も有り。

 

労働時間で言えば、3時間ほどで終わることも多く勤務時間は短い傾向にありますが、時給は2000~3000円程が相場なので稼げます。ただしケガのリスクがあることに注意です。

 

 

求人の選び方

 

数ある夜勤アルバイトを選ぶ際は、自分が長期的に勤めるつもりなのか、即金を求めるのかによってそれに適した求人を選んでくださいね。

 

例えば、長期の勤務であればアルバイトとして入社をすることで自分が納得するまで仕事を続けることができます。反対に短期間でがっつり稼ぐためにという目的であれば、派遣登録をして台入れ替えなどの高給与案件を中心に応募をしていくことがおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です