バイトと派遣に関わるお仕事情報満載!

大学生初期からはじめる就活成功のコツ!多くの経験談を取り込もう!

就活はある意味人生の中で最も大きなイベントですが、それと同時に言いようのない不安に悩まされるものです。

 

特に学生時代においては、企業に勤める際の「正社員としての仕事」や、将来の「明確なビジョン」をイメージできている学生はほとんどいないわけですから、「就活でどう動けばいいのかわからない・・・」これは多くの人達が抱える悩みでもありますよね。

 

でも、安心してください。就活は自分自身が一度も経験していないことなのですから不安や悩みができること当然です!

 

そして、そんな不安や焦りがあれば有効な対策を立てることだって可能なわけで、そう思っている人は他者よりも一歩リードしているとも言えるのです。

 

今回はそんな、就活に抵抗を感じている大学生に対して、初期に始めたいうまくいくコツを解説いたしますので、是非参考にしてみてください。

 

 

就活の不安を打ち消すのに最も有効な方法

 

日常生活における不安にも同じ事が言えるのですが、「不安」というものは物事に対して何かしらのリスクが発生する可能性があるときに発生する感情のことです。

 

就活で言えば、例えば「内定をもらえずに終わったらどうしよう・・・」とか「志望している企業に入社できなかったら・・・」などが当てはまりますね。

 

冒頭で上述したように、就活は誰しもが経験していないある意味一発勝負のイベントなので成功までの具体的なイメージが湧くはずもなく自分が行っている行動が正しいのか?がうまく判断できないため不安が生まれるとも言えるのです。

 

そんなときに、人間は何をするかというとあなたが当ページをご覧になられているように最善を求めてあの手この手の情報を調べるという行動をします。

 

大げさに言うと知識こそ人間がここまでの文明発達させることができた要因でもあり、就活においてもこうして調べて知識を付けるということは非常に価値ある行動なのです。

 

そして、そのステップに進んだら次に最も重要なのは「どんな情報を仕入れるか?」という部分。間違った情報を頭にいれても失敗をするだけなので、情報は多角的に仕入れて自分で精査をすることで成功の確率はグンと上がります!

 

ただ、本当の情報、嘘の情報が入り交じるネットの世界ではそれもなかなか難しい・・・。

 

そんなときに当サイトで最もおすすめをしたい情報収集の仕方をまとめてみました!これらは初動において絶対役立つ方法なので是非活用してみください!

 

 

就活で最も有効な情報は先輩の経験談

 

情報収集の仕方で最も有効なのは、実際に経験した先輩の就活エピソードを数多く取り入れていくこと!

 

就活は募集先企業によってエントリーから面接、試験まで様々なプロセスを通過して、最終的に残った者が採用をされるわけですが、そこまでのステップを踏むまでに色々と覚えることが多いです。

 

そしてこれらは、実際に自分がその時にならないと経験をできないものでもあるので、その時に訪れる各過程で有効な対策を考えていくと現在進行形で進んでいく就活に対して焦りを感じるはずです。

 

自分で経験できないものであれば、うまくいくコツを学ぶしかありません。学ぶ手段は就活カウンセラーや書籍など、様々な人や媒体がありますが、そんな中でも最も役立つのが実際に合否判定をいくつも受けている先輩方の意見です。

 

先輩の声が最も役立つという理由は、他者とは違う新鮮な生の声を聞けることにあります。一般的なマナーから更に細かい部分まで現場で起きたリアルな経験を詳細に聞くことができるので、講座を受けて学ぶ内容とはまた違った有益な情報も非常に得やすい。

 

特にこれから始動をするということであれば、先輩達はどんな仕事にどんな目的を持って応募をしたのかなどを聞いてみることも良いかもしれません。

 

 

情報を効率的に集める方法

 

意見や体験談はできるだけ多くの人に聞いたほうが、様々な視点から物事を捉えることができて自分自身の目標も生まれやすいです。

 

しかし、中にはそうしたことをためらいなく聞ける人が少なかったり、そもそもそんな高尚な先輩がいない・・・という方もいらっしゃると思います。

 

そんなときは、ネットで様々な先輩談を集めてみてはいかがでしょうか?

 

ただし、注意点として、ネットであれば気兼ねなく経験者達の情報を集めることができる反面、信憑性に欠けてしまう情報も無意識に頭に入れてしまう可能性があります。

 

そこで、筆者がおすすめしたいのが信頼性のある情報のみを掲載できるようにしている大手サイトの利用です。

 

 

認定された就活生が記事を作る「就活ノート」

 

 

就職活動中の就活生がつくるリアルな就活情報・選考レポート【就活ノート】

 

就活レポ
最新の業界動向や学生ライターの就活レポート、面接攻略まで・・・無料登録を行えば、あらゆる就活に関わる情報を網羅できます。

 

就活ノートでは、コンサルタントによる面接やエントリーの攻略、現役学生による就活体験レポートなど、学生視点に沿った就活で絶対に役に立つ様々な記事を掲載しています。

 

また、使い方によっては実際の企業を詳しくリサーチすることも可能で、就活ノートでは1000社を越える企業の選考情報や実際に選考を通過したエントリーシートの回答内容が見たりすることもできます。この点が他社にはあまりないメリットです。

 

その他にも選考の体験談、参加者の口コミなども確認することができるので、細かい部分もしっかり知りたい方などには特におすすめです。事前に結果が知れることにもなるわけですからね!

 

ちなみに学生にとってメリットばかり感じるサイトなので「何か裏があるんじゃないか・・・?」と思ってしまいそうですが、就活ノートを運営している株式会社DYMはリクナビやマイナビのように就職エージェントとして、採用マッチングイベントなどを開催して利益を上げている会社でもあるので、サイト自体は安心して利用することができます。

 

ただ、どのサイトにも言えることですが就職エージェントが運営するサイトを利用すると、イベントや合同説明会のしつこい勧誘をメールや電話で受けてうっとおしく感じるという方もいるかと思います。(学生時代の筆者がそうでしたw)

 

そんな時に、就活情報は欲しいけど「就活自体は自分でやるよ!」という人は会員登録の際に紹介サービスのチェックを外しておくことよいでしょう。

 



 

当記事の作成にあたり、当サイトのライター達で就活に役立つサイト調査を実施致しましたが、おそらく現状で企業のことから就活のマナーなどあらゆる有益な情報が知れるサイトは「就活ノート」がNO1ではないかと思われます。

 

様々な情報(知識)を事前に知っていれば、いざ就活の時が来てもスムーズに動くことができますので、この際にぜひ利用されてみてはいかがでしょうか?

 


就職活動中の就活生がつくるリアルな就活情報・選考レポート【就活ノート】

 

 

その2:会社四季報で就活に役立つ企業分析をしよう

 

就活の情報は上述したように経験者達から聞くのが一番ですが、応募する企業の分析にも力を入れることで入社後の生活についても考えることができます。

 

企業分析が大事な理由として自分が本当にやりたい仕事に就ければそれがベストなわけですが、就活の時点で「○○会社に入社したい!」と明確な目標が決まっていない人も多いのではないでしょうか?

 

では、そうした人は何を重視して考えるか?おそらく、大半の方が給料などを含めた待遇面について考えると思います。そんなときに役立つのが「会社四季報」です。

 

 

四季報ってなに?

四季報は就活にも活かせる

 

四季報とは四半期(4ヶ月に1回)に発刊される出版物のことをさし、会社四季報は株式市場に参入している投資家向けのあらゆる会社の情報が載ったバイブルのような存在です。

 

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、会社四季報は簡単にいうと本来は投資家に向けられた情報誌のことで、中身には上場会社各社の利益の推移や所在地、更には有利子負債(借金)など・・・ありとあらゆる情報が載っています。

 

投資家達はこの情報を基に企業分析を行い「将来成長が見込める企業」に多額の投資をして、先々で自分も利益を得ようと目論見ますが、四季報に載っているこれらの情報は実際にその会社へ入社をする人にとっても重要な情報なのです。

 

上述の図が、企業情報ページのイメージですが、その他にも四季報には説明しきれないほどありとあらゆる情報が揃っています。

 

例えば、その企業の正社員の給料を知りたい人は平均年収を確認することもでき、年度別の成長率を確認して「将来儲かりそうな会社」を探して選ぶことだってできるわけです。要はあらゆる事が数字で見れるという利点があります。

 

仮に四季報に載らない非上場の中小企業などに入社を考えている場合でも、その業界全体の収益率はどのようなものなのか?儲かっているのか?など、ある程度のイメージが自分の中で構築できるので会社を選ぶ判断基準として就活生全員に閲覧をおすすめしたいものでもあります。

 

 

四季報はどうやったら見れるの?

 

 

  • 書籍で購入する(2000円前後)
  • インターネット証券口座を開設する(無料)

 

 

主に本を買うか、実際に株式投資ができるネット証券で口座開設を行いアプリで閲覧する方法のどちらかになりますがおすすめは口座開設の方です。

 

というのも、四季報は上場会社3500社超の詳細が載っているため、冊子であると・・・どこの会社にどの情報が載っているかなど探すことにかなり苦労すると思いますし、内容もとてつもなくボリューミーです。

 

ネット証券に登録してアプリをダウンロードしておけばスマホ内で企業検索もパパッとできて、スクリーニング機能と言われる特定の条件を入力して該当企業の抽出をすると言ったこともできます。これが書籍にはないメリットですね。

 

スクリーニング機能では、例えば売上が高い順に会社を並べたり、特定の業種を一覧にして並べたりすることもできます。

 

開設までの手間はありますが、こうした便利な機能が使えることから四季報の閲覧はネット証券での開設の方が良いと思います。もちろん、分析で企業に興味が出てきて実際に投資をすることもできるわけですからね。

 

 

おすすめは楽天証券

 

 

  • あらゆるスクリーニング機能充実
  • 口座開設・維持費などが全て無料

 

楽天証券であれば、維持費が掛からない(2018年1月18日現在)こと、そしてログインをすれば四季報がウェブ上で手軽に閲覧できます。

 

また、楽天公式アプリの「ISPEED」をインストールしておけばアプリ内で閲覧することだって可能です。

 

筆者
筆者自身は実際の株式投資をしているため、いくつかの証券口座に触れていますが操作のわかりやすさは楽天が一番ではないかとも思っております。

 

 

初動の動き方は就活で目標を決めるためにある

 

新卒という特権が使えるなかでの就職活動は人生に1回しか訪れない貴重な体験ですが、今後の人生を左右するものでもありますから抜かりなくいきたいものです。

 

就活の進め方やマニュアルを学ぶといった行動はもちろん大切ですが、それ以上に企業の存在を正確に知ることや諸先輩方の成功談など幅広い声を取り入れていくことで、自分の目標というものが見えてくるはずです。

 

また、今回ご紹介した方法を初動で使うと、いざ実戦に向けて動き出した時に就活を終えてから「やっぱり別の会社はよかった・・・」などの気持ちの相違が起きないためにも事前に会社のことをよく知っておくことは大切なのです。

 

まだ、自分のやりたいことが決まらない中で就活の時期が訪れてしまったという方は決して焦らず、本当の意味で入ってよかったと思える企業探しを今回の記事を参考に検討して頂ければと思います!では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です