バイトと派遣に関わるお仕事情報満載!

稼げる仕事!パチンコホールスタッフアルバイトの仕事内容

好待遇の代名詞とも言えるパチンコ店で働く上で、仕事内容や気をつける点はどのようなことがあるのか?今回は魅力的なアルバイトの一つであるパチンコ店について解説をします。

 

パチンコ店は大変な仕事?

まず始めにパチンコ店スタッフは、一言で言うとお店に来るお客様の「おもてなし・遊戯補助業務」をメインに行うお仕事です。パチンコ店では、他のお店に比べて高額な金額をお客様が利用することもある為、おもてなしの接客がとても重要でしょう。

 

 

例えばお客様がパチンコやスロットで大当たりをすると、出玉がでます。ドル箱と言われるものにその出玉が溜まってくるとホールスタッフは新しい空のドル箱を手渡し、玉の溜まった箱をお客様の椅子の後ろにおきます。

 

 

遊戯しているお客様が快適に過ごせるように、そして他のお客様や入店した方たちに「居心地良い空間の提供」を提供することが役目でサービス業の基本ですね。

 

 

休日にもなると、館内はお客様で賑わうことになるので、多くのお客様が遊戯をする分、ドル箱を取り換える作業なども多くなります。アルバイトと言えど意外にも体力がかなり必要な職種と言えるのです。

 

 

また、ある程度の経験を積むと「カウンタースタッフ」を任されることもあります。カウンターでは出玉を景品と交換する業務を行ないます。レシートのバーコードを読み取り玉数に合わせた景品を交換します。

 

 

給与水準

 

稼げる度 都心部相場 地方相場
★★★★ 約1200~1600円 約1100~1400円

 

何よりも基本の時給が高いことが魅力です。業務の忙しさもありますが、単純にこの業界は利益率が高いこともあるので、従業員にも給料をしっかりと還元できるようになっているのです。

 

充実度(忙しさ)

 

★★★

店舗によって異なりますが、基本的に一般の方が休みとなる土日祝日は混み合います。人が増える分、エラーや玉替えでコールボタンを押される頻度が格段に上がるため忙しい。

 

 

体力は必要な業界?

 

★★★

ホールスタッフはドル箱の取り換えやエラーの対応など、一日中ホール内を動き回っているといっても過言でない為、体力が必要です。また、新台入れ替え時などの台の入れ替え作業をアルバイトが手伝う店舗もあり、1台数十キロに及ぶ台の運んだりと中々大変なのです。

 

 

技術や専門スキルが必要な仕事?

 

★★

複数ある台のエラーや、ジェットカウンター周辺機器の扱いなど、最初こそ覚えることは多数ありますが慣れてくるとほとんどのことに対応できるので技術力は低め。

 

 

仕事内容

 

早速ですが、ここで実際に働く際に行う基本の業務を解説します。早番、遅番、カウンタースタッフにそれぞれ分けて考えてみましょう。アルバイトに応募するための参考として、できるだけ細かく一日の流れを解説します。

 

《早番ホールスタッフ モデルケース》

 

【開店準備】朝礼と共に、遊技台の拭き掃除を始め、台の電源を入れる。お店の裁量によっては、両替機などに紙幣の補充や特殊景品の準備を任されることもあります。

集客を呼び込む看板やのぼりを店外に配置する

日によっては開店前に並んでいるお客様の順番決め(抽選)などの対応をする。先着順にしている店舗も有り。

規定時刻に開店。元気いっぱいの挨拶をする。

営業時間内は、出玉の交換・ドル箱を替える作業・遊技台のエラー・汚れた箇所の清掃・駐車場点検などをする。

終了時刻に遅番スタッフに引き継ぎし退社

 

 

※営業時間業務と主なエラー対応とは

 

ここで、現場に出ているときの主な対応を解説いたしましょう。実際に勤めると毎日のように何かしらのエラーが発生することがありますが、起きることは大体同じでアルバイトでも簡単なエラーは自力で解消させる必要がありますよ。

 

玉づまりエラー

 

遊技台には出玉を放出するために玉やメダルがストックされていますが、内部のストックが切れてしまった場合や玉同士や異物が引っかかったりしてエラーが出ることがあります。

 

そうした場合は鍵を使って内部を開けてメダルや玉の詰りを解消してあげる必要があります。難しいエラーが出た場合は正社員を呼んでの対応をしてもらいますが、昨今では致命的なエラーはそれほどでません。

 

ドル箱交換

 

放出された玉が箱に溜まってくると、お客様がコールボタンを押して店員を呼びつけます。パチンコホールは島ごとに見渡せるようになっていて、島の両端のランプが付いたら呼び出されているサイン。すぐに駆けつけましょう。

 

 

出玉交換

 

遊戯を終えたお客様が出玉を、出玉が記載されたレシートに交換する作業もスタッフが行ないます。この出玉をレシートに変える作業が必要な理由は玉が重くて景品カウンターまで持っていけないからです。

 

ジェットカウンターと言われる玉を流す機械までスタッフが運び、玉をその機械に流します。そうすると総出玉の数が記載されたレシートを発行できるので、そのレシートをもってお客様はカウンターに向います。

 

 

 

《遅番ホールスタッフ モデルケース》

 

 

早番からの引き継ぎを受けてホール内の対応をする

営業時間内は、出玉の交換・ドル箱を替える作業・遊技台のエラー・汚れた箇所の清掃をする。

【閉店後】遊技台やドル箱の拭き作業、のぼりや看板をしまう、翌日の開店に備えてホッパー内に溜まったメダルの掻きだしなど・・・また、閉店時にはメダルや玉などが手垢でかなり汚れた状態になるため、洗浄機を使って洗うこともあります。

 

 

 

《カウンタースタッフのお仕事》

 

カウンター業務は出玉が記載されたレシートやカードを持ってきたお客様に対して景品の交換を行なう担当です。開店時にまずはレジスターの電源を入れたり、お客様に渡す景品の準備や有線放送を点けるなど簡単な身の回りの作業を行います。

 

営業時間内業務

 

景品交換業務は、大体の店舗でレシートのバーコードをスキャンすると特殊景品数が自動で表示されてわかりやすく手間の掛らないシステムになっています。ちなみに特殊景品とは店外にあるお店で換金をしてくれる価値のある物品の事です。特殊景品自体は地域によってボールペンや金貨入りカードなど様々で、基本はこの特殊景品を渡す機会が大半となります。

 

この出玉を特殊景品に変える過程で、割り切れない玉数を余り玉として、お菓子やタバコなどを選んでもらい基本的には余り玉もすべて物に変えるように調整します。

 

そしてもう一つの業務である呼び出しでは、駐車場の車のランプの付きっぱなしや忘れ物の呼び出しは基本的にカウンタースタッフが行います。

 

【閉店時】締め作業

 

景品を仕舞ったり、日によっては物品の棚卸で在庫の確認をしたりします。手が空けばホールスタッフと一緒に台の拭き掃除を手伝ったりもします。

 

 

 

パチンコ店スタッフとして働く上で求められること

 

実務をイメージして考えると面接対策はわかりやすいです。パチンコ業界は過去の劣悪な環境というイメージを払拭するべく、従業員の身だしなみなどに特に細かいところが多く、面接では身だしなみはもちろんホール内の機械音にも負けないくらい大きな声で受け答えをハッキリしましょう。

 

志望動機は、アルバイトであれば厳密なもの考えるのも良いですが、単純に給与が良く稼ぎたいからという理由でも不自然ではありません。そのために精一杯お客様をおもてなしをして頑張りますとの主旨の発言をしておくと良いでしょう。

 

 

清潔な身だしなみ

 

接客業全般に言える事ですが、ホール・カウンタースタッフは常に現場の最前線でいます。特にパチンコ店は過去には、染め毛や髭のスタッフにタバコの煙が蔓延する不衛生な空間というイメージが定着をしていたのですが、今は全く違います。

 

どのお店も分煙機などの機材を設置し、専門で雇う清掃スタッフに営業時間内も掃除を徹底させる店舗などもあります。業界全体でクリーンなイメージを持たせようとしているので、頭髪や制服の身だしなみには特に気を使う必要があります。

 

 

クレームや接客には、はきはきとした対応

 

パチンコ店では、遊技台に対していちゃもんを付けてくるお客様や店員に文句を付けてくる方が少数ながらいます。

 

そうした時に迅速に対応できる日々の業務で覚える処理能力、そしていちゃもんを付けてくるお客様の心を鎮める言語能力などを培う必要があります。もちろんどうしても対応ができないときは社員に頼ること。

 

 

敏捷性

 

パチンコ店はピーク時にもなるとドル箱交換や呼び出しで島中を走り回る事になります。少しでも動けるほど有利ですが、テキパキと動く事だけを意識すれば問題ありません。

 

 

業務関わるツール

パチンコ店の仕事で使う道具は種類が少ないので、頑張って覚えるなどの苦労がないところも隠れたメリットかもしれません。その中で実際の業務に必須級のツールは以下のような物が挙げられます。

 

インカム

 

館内の店員間のやり取りを行う無線。基本的にホール内は音がうるさくて、大声をだしても少し離れていれば聞き取れないこともしばしばあります。

 

 

遊技台や補給機など多くの種類の鍵束をもちます。どの鍵がどれに対応しているのかいち早く覚えることが大事ですが、未経験から入社をする場合は遊戯台の鍵のみを持つことが多いので、迷うほどの数を持つケースはまれです。

 

ジェットカウンター

 

出玉を流し、レシートに変換する機械。パチンコ用とスロット用に分かれワンボタンで集計ができる

 

布巾

 

布巾は常に持ちながら周るお店は多い。台が汚れているとお客様が遊戯したがらないので、汚れ箇所を見つけ次第すぐに拭く

 

 

 

コラム:パチンコ屋忙しいのは休日だけではない!?

 

過去にはどこのホールも集客の為、定期的にイベントを開催していました。末尾に7が付く日や更には第1土曜日などの月に1回開催されるイベント等、ホールによって様々な日にイベントを行いお客様に勝ちやすい日ですよ!とアピールをして集客をして実際に通常の日よりも出玉を出していたことがあります。

 

今では法的な規制のためこのようなイベントを行うことはおおやけに行うことを禁止されていますが、お客さん側が過去のイベントデーを覚えていて、その日に集中して現在も来客するケースはかなりあります。そのため平日にも関わらず忙しい日があれば、それは過去にその日でイベント行っていた可能性があるのです。

 

 

パチンコ店員のリアルな体験談

 

20歳 男性 学生時に経験
なんといっても、学歴などに左右されない高い給与が魅力で大学に通いながらバイトとして応募しました。

私の努めた店舗は遅番で時給1200円と高額でしたが、入社前に調べていると地域の店舗はどこも同じような時給でした。

しかし、思っているよりも大変なこともいくつかあったと思います。まず夕礼時に高校や中学校を思い出す、頭髪点検やシャツにシワがないかなどの身だしなみ点検といったことをしていました。

業務中はホールスタッフだったのですが、遊戯している方のクレームはまずホールスタッフに及びます。

「でないから何とかしろ」だとか、忙しい時にコールを捌ききれない時なんかはよく「遅い」とのお叱りを受けることもありました。

しょっちゅう起きる事ではありませんが、クレームの対応というのは学生の身分だと経験がないので対応に困ってすぐに社員を呼んでいたのを覚えています。

また私の勤めた店舗はかなり体育会系の人が多くて、最初は声出しなどが恥ずかしかったのも覚えています。笑

でも四六時中ホール内を歩き回ることで、仕事中に眠くなることもないし体重維持ができて高時給なので女性にもおすすめかもしれません!


26歳 女性 現役カウンタースタッフ
昼はパチンコカウンター、夜は別のお店で掛け持ちをしています。

お客さんは怖い人の多いイメージが最初あったのですが、それほど怖い方というのはいなく、逆に常連のおじさまやおばさまはフレンドリーでついつい話し込んで社員の方に怒られてしまうこともありました。

レジ業務は今まで経験がなかったのですが、思いのほか簡単でこの業界で大切なのはスキルよりもまた来たいと思ってもらえる環境作りなのかなとも。

ただ最初はお店内の音がすごくて戸惑いましたけどね。開店準備の時はみんな和気あいあいで人間関係が良好なのも飽きっぽい私が続いている理由です。


32歳 男性
業界歴12年の今は正社員です。バイトの頃はおもてなしや迅速に動く事がすべてと言っても過言ではなく、毎日動き回っておりました。

うちは規模のそれほど大きくない店舗だったので、3年目頃からお金の集計なんかも任されたりしていました。正直なところ、これだけ長い期間勤めているのに思っているほど厄介ごとは少なかったように感じますね。

遊技台にコーヒーをまかれたり、トイレに落書きをされたりした経験はありますが、お客様に直接危害を加えられたことは一度もないです。

慣れてしまうとどの業界もマンネリ化してしまうものですが、私自身パチンコやスロットをするのでお客様が打っている台などを見ながらホールを回っているとそれなりに楽しいですね。笑


22歳 女性 現役スタッフ
一人暮らしの資金を貯めるために、時給の良いパチンコ業界に入りました。

女性の私ですがホールを毎日駆け回りなかなか大変!というのが最初の印象でしょうか。ただそのおかげで体型維持できますけどね♪

女性だからなのかわかりませんが、接客で嫌な思いなどをしたことは特にありませんし、仕事も今のところは楽しくできています。

女性で稼げるバイトと言えば水商売かパチンコ店が真っ先に思いついたので今に至ります。笑

 

パチンコ業界バイトの良い点(意見抜粋)

 

  • やっぱし何より時給が高い!
  • 自分自身が好きならお客様の台見たりして歩き回れる
  • 仕事が運動みたいなもの!健康的に過ごせる
  • 常に動いているので眠くならない
  • 社員が常駐しているので頼りがいがある
  • ホールやカウンターなどの現場は若い年代が中心で活気

 

 

残念だったところ(意見抜粋)

 

  • 染め毛や髭を伸ばすのを禁止しているところがある
  • 動き回るので、スニーカーなどがすぐダメになる。出費が掛る
  • 分煙や排煙機などの設備がないところはタバコの匂いが染み付く
  • とにかく音が大きい

 

 

総評

 

 

全体的に思っているよりもドル箱が重かっただとか、動き回るので疲れるといった体力系の意見が数多く出ていました。

 

しかし、裏を返せば体を動かすことが好きな人や給与がモチベーションにつながる方にとってはやりがいのある職種と言えるかもしれません。ちなみに今では機会の力によって業務を軽減しているお店も多数あります。

 

例えば、ドル箱を交換する必要のないパーソナルシステムを導入している店舗など、お店によってはそれほど重労働ではないところもあるでしょう。

 

それでも労働力を求める理由はやはりお客様に快適に過ごしてもらいたいからという思いが一番にあるのでしょう。そんなハイレベルな接客を身に付ける事ができて、高待遇なアルバイトと言えそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です