バイトと派遣に関わるお仕事情報満載!

楽って本当?ネットカフェ店員アルバイトの仕事内容

ネットカフェは安価で利用できてマンガやゲームなどもできる娯楽施設。長時間の滞在も可能ないわゆる漫画喫茶ですがあなたも一度は利用したことがあるのではないでしょうか。

 

実際に、アルバイトや派遣として働くとなると具体的に業務内容はどんなものなのでしょうか。漫画喫茶・ネットカフェの仕事内容の実態に迫ります。

 

 

給与はどのくらい?

稼げる度 都心部相場 地方相場
★★★ 約950~1200円 約850~1050円

 

ネットカフェは大半が24時間営業の店舗のため、勤務時間帯によっては高額な時給を稼ぐこともできます。

 

充実度(業務の忙しさ)

★★

主に受付カウンターにてお客様を各個室ブースに案内割り振りや内線電話からの食事注文などの電話応対がメインの業務になります。お客様自身は小休憩やリラックスをする目的で来店する方が大半なので、実は受付業務以外それほどお客様と接する時間というのがないため、捌ききれないくらい忙しくなることはまれのようです。

 

必要な体力

基本は案内業務のため、体を動かすことはあまりありません。店舗によってはキッチンスタッフや清掃スタッフなど役割分担がされているところや決められた人数で時間内に協力して全体の業務を行う店舗などがあります。

 

 

必要スキルレベル

★★

漫画喫茶店員においては、専門スキルというものは基本的にありません。業務の主となるのは、受付にあるレジやお客様の利用状況や部屋の割り当てをするシステムの使い方などを覚えることが必須。後は数あるマンガや本がどの位置に置かれているのかをいち早く覚えると清掃業務時などに大幅な時間短縮ができます。

 

 

【具体的な仕事内容のモデルケース】

早遅番勤務Aさんの場合

 

まずは始業時間と共に夜勤スタッフからお客様の利用状況や延長利用がないかなどの引き継ぎを受けます。

 

カウンターにて来店のお客様を各ブースへ案内する

 

現在ではほとんどの店舗でお客様の割り振りや利用状況をパソコンのシステムで管理しています。筆者がいた店舗では、館内の個室とマップが画面上に表示されていて、利用中の部屋は青、残り時間15分の部屋は黄色、延長中の部屋は赤、空いている部屋は灰色といった一目でわかるような表示のされ方でした。

 

空いている部屋を確認してブースへ案内し、パソコンに登録をするという仕組み。大半の店舗がそのようなわかりやすいシステムを導入しているので、難しい操作は必要ありません。

 

 

個室利用中のお客様から料理オーダーを受ける

 

個室から受付に電話へ料理オーダーや延長申請の内線を受けます。店舗によっては凝った料理を提供しているところもありますが、大半はレンジですぐ作れるものや軽食なので、料理や調理技術はほぼ必要ないと言えます。作った料理をブースまで運びます。

 

 

延長申請を受ける

 

案内したプランを越える時間を利用する場合、お客様は延長申請を内線にてします。要望を受けると共にパソコンのシステムにプラン内容を書き換えます。

 

 

終了10分前に延長利用の有無を確認する。

 

終了時間が近づくと、利用中の個室に延長をするかどうかの確認をします。注意することは違うブースに架けてしまわないようにするくらいでしょうか。ちなみにこのコールを行わない店舗も存在するようです。

 

 

隙間時間に館内の見回りや本棚の整理をする

 

ネットカフェスタッフは基本的に一人ですべてを切り盛りはしないので、空いた時間に館内を回って、巻頭ごとに本が整列しているのか、正しい位置に本があるかを確認します。この作業は何千とある本の場所をしっかりと把握していないと戻すのにかなり苦労します。ここの部分は入社してすぐ率先的に覚えるのが吉でしょう。また、ドリンクバーが設置されている付近などの水回りはよく汚れやティーパックのゴミなどがそのまま置かれていたりします。常にお客様が利用しやすい環境を維持することに努めるのも仕事の一つです。

 

 

精算業務

 

利用後は金銭やクレジットカードにて精算を行います。筆者の居た店舗では前述のパソコンシステムに登録をしておくとあらかじめ伝票が作成されていました。その伝票に記載されたバーコードをスキャンすると金額が表示されるものでした。どの店舗同じようなシステムや仕組みを利用しているのでそこまで難しいものではないでしょう。

 

ただ注意すべきはクレジットカード精算の場合でベンダー機を使って精算をするのですが、サインをもらってお客様が退館された後などにミスが発覚すると、手遅れになることがあります。その際はカード会社に問い合わせをして対応したりと何かと面倒で社員に頼ることになりかねません。クレカ精算に関してはしっかりと使い方を叩き込むようにしましょう。

 

 

お客様利用後の個室ブースの清掃

 

お客様が利用を終えた後のブースを次の利用者の為に清掃します。一般的にはマット類の交換やゴミ替え、そしてソファーや備品のアルコール消毒などを行い衛生的な空間にします。

 

 

そして業務時間内に起きた出来事や連絡事項を交代の者に伝え退社することで一日の勤務は終わります。

 

 

 

ネットカフェアルバイトで働く上で求められること

 

大半の店舗では、受付業務や掃除など総合的に仕事を任せられることが多いため、臨機応変に対応できる能力や受付時にお客様へしっかりとした対応する接客スキルが大切です。礼儀やマナーはもちろん、難しい知識は必要ありませんが時には予想外の対応をすることもまれにあります。そこで慌てず応対することも必要なスキルと言えそうです。また、客足が増える土日祝日に多く出勤できる人材は重宝される傾向があります。

 

 

ネカフェ業務に関わるツール

 

 

レジ

レジの種類は筆者の知る限り、利用状況などの管理システムとリンクしているものや、レジにプランごとの項目が記録されたものなどがあります。前者はバーコードにスキャンをして自動で精算額が表示され、後者は利用料金やプランを手動で打ち込みをします。プラン自体の数が多いと覚えるに最初は苦労しますがメモなどをとっていけばすぐに覚えられるでしょう。操作自体は難しいものではありません。

 

 

ドリンクバー

使う分には便利だけど、メンテナンスや補充作業が意外と大変。主にアルバイトの区分では、受け皿の清掃や補充を行うことが多い。メンテナンスや解決できないエラーが出た場合などは業者に問い合わせをして見てもらうのが一般的です。

 

 

マンガ・雑誌

漫画喫茶のメインコンテンツ。マンガなどは劣化が進むと提携業者に新しいマンガの発注をお願いすることもあります。雑誌の新刊などは、その都度届くようになるので、陳列はアルバイトや派遣スタッフが行う場合もあります。

 

 

カラオケ・ダーツ

店舗によっては、より多機能に遊べるようにアミューズメント化しているところもあります。そうした場所はお客様の割振りやレジ操作で覚えることが増えます。単純に受け持つ範囲が増えることになるので、時給がマンガだけのお店と比べてどうなのかと判断する材料にしましょう。

 

 

漫画喫茶勤務経験者が語るリアルな体験談

 

22歳女性早番勤務
前職は居酒屋でアルバイトをしていました。自由なシフトを了承してくれるところを探していてたまたま受かったのが今のお店です。一言で言うと楽です。笑

出勤してすぐの時間帯にちょっとしたラッシュがありますが、あとはたまに来る内線で注文を受けたりするだけ。受付メインなのですが、受付には椅子があって私のところは座れるので立ち仕事というわけでもないですし、居酒屋ではしょっちゅうあったクレームなどを受けることをほとんどありません。

人とあまり関わらず仕事したい人にとっては最高の仕事なんじゃないでしょうか。


26歳男性夜勤勤務
とにかく暇です。笑

夜の時間帯は朝方チェックアウトの宿泊プランの方が大半ですから、私の出勤している時間はほとんどの方が寝ています。私はさすがにお金をもらっていると意識からできないですが、店内のマンガをずーっと読んでいる先輩なんかもいましたね。笑

ただ、朝方のチェックアウトの時間帯にちょっとした忙しい波がきます。

唯一大変なのが、周辺でイベントやコンサートがあるときで、満室でホテルが取れないのか、宿泊費を安く済ませようとしているのかわかりませんが、そうした日は結構混み合います。


31歳男性
日中は他業種で働いていて掛け持ちをしています。掛け持ちで漫画喫茶を選んだ理由は体力を使わなそうだからで応募したのですが入ってみたらほんとに体力を使いません。

仕事中も店内は穏やかな時間が流れるので、性格的にも向いていると自負しています。

ただ、歴が長くなってきて備品の発注やクレーム対応など色々と任されることも増えて今では準社員みたいな感じになっていますが、職場の人間関係も良好で楽しく働いていますよ。

 

ネットカフェアルバイトの良い点(意見抜粋)

 

  • とにかく暇や楽という言葉に魅力を感じる人はおすすめ
  • 静かな空間なので落ち着いて仕事ができる
  • 従業員割引で利用できてマンガ読み放題(店舗により異なる)
  • 外部からの電話応対がほとんどない

 

 

残念な店(意見抜粋)

 

  • 運動不足に陥る可能性有り
  • お客様利用後の清掃ではちゃめちゃに汚されていたことが・・・

 

総評

 

ネットカフェの仕事内容自体に大変やきついと感じる人は、ほとんどいないようです。楽して稼ぎたいという思考の方には向いている仕事と言えそうですね。笑

 

ただ、その分そうした考えの方が集まり倍率が高くなることが予想されそうなので、求人への応募はできるうちにした方がいいのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です