バイトと派遣に関わるお仕事情報満載!

在宅が魅力!記事執筆(ブログライター)バイトの仕事内容と稼ぐコツ

企業ブランディングに使われる体験談やアフィリエイトサイトのオーナーが運営サイトの情報をより充実させるために、外部に委託をする記事執筆依頼(ブログライター)は稼げるお仕事なのでしょうか?

 

どうもこんにちは!ハケントバイトライターのSです。最近になって、クラウドソージングサイトで、記事執筆の依頼をよく目にしますが、これらは家にいながら仕事ができるとあって意外と人気なバイトのようです。

 

そこで、今回は未経験者へ向けたライターバイトの仕事内容や1円でも多く稼ぐためのコツなどを解説しようと思います!

 

 

給与は主に歩合制

 

稼げる度 時給制 歩合の場合
★★★ 約1000~1200円 1文字あたり 0.5~2円

 

 

都心部などでは、まれに法人企業が時給制でライターの募集をしていることもありますが、在宅でお仕事をする場合は、クラウドソージングサイトで仕事を依頼主から直接受ける働き方がメインになります。

 

気になる報酬の部分は依頼主によって様々な案件があるので、一概にまとめあげることは難しいものですが、傾向として1記事に対する文字数が増えることによって、より専門的な知識を交えた記事を書く必要が出てくるので、難易度も高く単価も上がっていく場合が多いです。

 

クラウドソージングによる1記事に対する報酬例

200文字:50~80円

500文字:200~300円

1000文字:700~1000円

3000文字:2000~5000円

 

依頼主の中には1000文字100円など雀の涙ほどの報酬しかくれない依頼をしている所もありますが、基本的にライティング未経験者が初めて受けるのであれば1文字あたり1円弱で報酬を出している案件を受けることがおすすめです。

 

ただ、実はそれよりも一つ大事な事があり、このライターバイトは最初は誰もが安い単価で記事執筆をしなくてはならない暗黙のルール的なものがあります。

 

クラウドソージングでは主に個人対個人の仕事になり、依頼主目線で見ると理解がしやすいのですが、仮に初めて頼んだ記事執筆で質の悪い記事を納品されるとお金は払わなくていけないのに肝心の記事がサイトに載せられないなど・・・非常に困るわけです。

 

そのため、報酬を最初はあえて安く設定し、コピペやパクり記事ではない納得のいくもの納品されたときに、次回の報酬を上げて継続的にお願いするという依頼のされ方が非常に多いです。

 

要は、執筆側は最初にテストをされるわけですね。最初の1件で信頼されるような記事の作成ができれば次回からは倍近い単価で仕事を直接オファーされるなんてことがこの仕事ではよくあります。

 

 

この仕事を始める流れ

 

クラウドソージングサイトへ登録を行い、依頼主からの仕事を受けます。

 

クラウドソージングとは、専門のサイトを仲介者として依頼主と直接仕事の請負できる新しいタイプの働き方で有り、法人・個人が様々な仕事を依頼してきます。

 

主に入札制のような形で仕事の受注を行い、依頼に対する仕事希望者が多い場合は、それぞれのプロフィールや実績などを確認して依頼する人を選び、細かい部分の打ち合わせをメールや電話で行い仕事に着手するという流れです。

 

クラウドソージングの魅力は、様々な仕事を直接請け負えるという点で、今まで手を出しづらかった個人からの依頼も、サイトが仲介を行っているので安心して仕事に取り組めるという部分です。

 

現在では、個人対個人の案件が豊富なサイトや主婦向けの案件が多いクラウドソージングサイトなど多様性もあり、自分に合った所へ登録をすることもできます。

 

もちろん年会費や登録料などは発生せず完全無料で仕事をすることができます。

 

 

最初は仕事が受けづらいことも

 

記事執筆の在宅ワークは、上述したように1度実績などを残して依頼主に信頼を与えることで報酬も上がり次回の仕事にも繋がると申しましたが、これにはもう一つの理由があって、そもそも高い単価のオファーは応募者がたくさんいて、実績のある人が優先的に採用されるため待遇が良い案件を実績のない人はほとんど受ける機会がないという点です。

 

こればかりは、コツコツ仕事を受けて仕事に対する評価を積み重ねていくしかありません。そして、これはメリットにもデメリットにもなることですが、こうした特性があるため実績を多く残している人ほど、破格の待遇で仕事を受けられる機会が増えるので時給換算すると時にとんでもない金額を稼げてしまうこともあります。

 

実際に当サイトライター達が運営する別サイトでもこうした記事の外注をお願いしていることがあり、記事単価は経験者で1記事3000文字5000円の報酬を提示したことがあります。

 

多くのクラウドソージングサイトでは、オファーに対して応募者達の実績や評価が確認できるようになっているので、当然ながら依頼者は経験豊富なライターを選びます。

 

そのため、このブログライターでの在宅ワークはやればやるほど稼げる仕事と言え、おすすめしたいのは長期的に在宅で仕事をしたい人なのです。

 

悪い言い方をすると、短期で終わらせるつもりであれば安い単価で使われておしまいですが、経験を積み重ねればアルバイトの時給以上の金額を容易に稼げる可能性も秘めているので夢がある仕事でもありますね。

 

 

どんな記事作成の案件がある?報酬までの流れは?

 

 

  1. クラウドソージングサイトに登録
  2. 依頼案件から好みの仕事を選ぶ
  3. 参加の申し込みをする
  4. 他の応募者がいる場合は依頼側が選ぶ
  5. サイト内で詳細の打ち合わせ
  6. 仕事に着手
  7. 完成品を納品
  8. 報酬振り込み

 

依頼者の数だけ仕事がありますが、基本的にオファーは○○テーマに対して○○文字の体験談や解説を書いてくださいなどの案件が多いです。

 

実際に応募をして仕事に着手をしたときは、ワードソフトや指定されるソフトに文字を打ち込み、完成品をメールなどに添付して依頼者へ送ります。

 

依頼者は納品を確認できた段階であなたに対して報酬を振り込みするのですが、ここで払い漏れがないように予め仲介サイトが報酬を預かっていたり、着手金としてあなたに報酬の数%を先払いするなどの対応を取っている所もあるので、報酬を踏み倒される可能性は限りなく低くなっています。

 

 

未経験からブログライターとして活躍するコツ

 

実際は誰もが0からの状態でスタートしているので一番大切なことは継続的に続けることでもありますが、ここからは実際に仕事を受けるときの技術的要素や少しでも稼ぐためのノウハウをお話ししたいと思います。

 

最初のうちは予備知識がある案件への応募を!

 

数え切れないくらいの案件があるなかで、どの仕事を応募すればいいのかわからなくなりそうですが、最初のうちは自分が元々知っている案件へ集中して応募することがおすすめです。

 

例えば、依頼の中には看護師の夜勤業務について3000字の解説をしてくださいなど、特定の人が経験している事案に対して記事依頼が出ていることがあります。

 

このテーマに沿って記事を書くとなると知識0の人と経験者では完成のスピードに雲泥の差がでますよね。

 

よく、ライターはタイピングが早いほど有利と言いますが、本当に難しいところは自分で考えて文を作り上げていくところにあります。

 

起承転結を使って、文を締めくくるまでが記事作成の一環になるので、慣れていないと記事を執筆していくどこかでかならず詰まる場面がでてきますからね。

 

そうしたタイムロスを防ぐためにも、自分に予備知識がある案件を最初は集中して受けるようにしましょう。

 

そうすると、いつのまにか記事の構成などが体感的に再現できるようになるので、気がつけば知識がないテーマでもすらすらと記事が書けるようになっていくのです。

 

 

継続依頼案件を狙う!

 

依頼者のなかには個人でWEBサイトを運営している方が記事作成の依頼をしていることが多いです。

 

継続的に仕事を発注してくれる依頼者はオファーの中に「月4回継続依頼を考えています。」などの記載を残しているので、そうした依頼者達の仕事を優先して受けていくと月あたりの報酬額が安定し、段階的に報酬額も上がっていく可能性が高いです。

 

 

目的が明確でない初依頼の案件は避ける

 

応募者と同じように案件の中には依頼者が初めて募集を掛けている記事執筆の案件もありますが、最初のうちはできるだけ避けた方が無難です。

 

なぜなら、記事を書く際は出来るだけ依頼者側が詳細な要望などを載せてくれる方がそのテーマに沿った記事が書きやすく、報酬までの手続きもスムーズに進みます。

 

初依頼者の案件であると、記事作成にあたる要望などが曖昧な場合があり、依頼者側、あなた側も仕事自体に慣れていないことから、どうしても細かい部分でバタバタとしてしまいがちです。

 

こうなると無駄な時間を浪費することになるので、最初のうちはできるだけ記事を書くだけに集中できる環境を提供してくれる案件を中心に探す方が時間効率的にもいいです。

 

 

慣れるまでが大変だけど価値ある仕事

 

記事執筆の在宅はワーク世間一般的に浸透している仕事ではないので始めることに多少の抵抗を受ける方も多いと思いますが、だからこそ価値があります。

 

アルバイトと違って自分の努力と実力次第で賃金は向上しますし、何より需要が多いのにこうしたライターの数はまだまだ少ないのが現状でもあります。

 

家にいながら行えるので、時間も納期さえ守れば自由に使うことができて、続けて行くことで大きな報酬を得れる。これは結構魅力的なことだと思いますよ!

 

それでも、記事を書くのってこんな大変なんだ・・・とか、壁に当たることもあるかもしれませんが、もし興味があるのであれば是非おすすめをしたい仕事と言えます。

 

それと始めた場合は、実際に自分の書いた記事がウェブサイトに掲載しているところを見たりするのも良いかと思います。

 

現在では、記事に対して評価付けられるサイトやコメントが打てるウェブサイトも多いので、そうしたところに寄せられた感想や「いいね」の数を見たりするのも案外自信につながったりしますからね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です