バイトと派遣に関わるお仕事情報満載!

アルバイト以外で稼ぐのは難しい!?自分で稼ぐ副業7選

お金を稼ぐための基本はアルバイトやパートをして働くことになりますが、現代はインターネットの常用により様々なビジネスチャンスが個人でも転がっている時代です。

 

よく聞く言葉としてアフィリエイトやせどりと言った自分一人の力で完結できるビジネスがありますが、それらは本当に稼げるのか?今回はそんな各種副業系の根本的な部分とアルバイトと比較したメリット・デメリットを紹介します。

 

一人でできる副業一覧

 

まず始めに、自分一人の力でお金を得られる副業にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

アフィリエイト

期待できる月収:0~200万円

 

ネットビジネスの代表格となり、あなたも一度はこの言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

アフィリエイトは広告業にあてはまり、自分でホームページやブログを作り企業の商品やサービスを宣伝します。自分のサイト経由でユーザーが商品の購入やサービス加入に至った場合に報酬として広告主から金銭が支払われる仕組みです。

 

初期費用も無料ブログを使えば0円で始めることができるのでリスクはありませんが、まずはアクセスをされる記事作りが求められるので難易度は非常に高い。

 

特に記事の作成から無料ブログに頼らないで独自ドメイン使う際はアップロードから設定まで全て自分で行う必要があるので、収益を生むサイトを作るまでに莫大な時間が掛ります。

 

それでも、成功は保障されていないので失敗した時には今まで使った時間を失う羽目になる方も多いです。ちなみにアフィリエイト協会によると全体の95%以上が月5000円も稼げていないという統計もあります。

 

Youtube広告収入

期待できる月収:0~1000万

 

動画の世界で活躍するユーチューバーが世間一般に浸透しつつありますが、ユーチューブでは収益化の登録を行なうと1再生あたり約0.1円で報酬が入ります。

 

人気となる動画を作れば数百万再生をされることもあるので、単体で生活をできてしまうほどの収益も見込めます。仮に1再生0.1円と考えた時に月間で200万再生をされれば月収20万の生活ができることになりますね。

 

ただしもちろんそこまで甘くはなく、誰も知らない状態から人気チャンネルに登りつめること、継続的に収入を得るには常に面白い動画を作り続ける必要があることやネタ探しが大変など、苦労する部分は多いです。

 

せどり

期待できる月収:赤字~30万円程

 

古本屋や中古本を取り扱う店舗を回り、予想される市場価格よりも著しく安く販売をされている本を買占め、インターネットや別店舗に転売する仕入れ値との差額で儲けるビジネスです。

 

現在ではせどり用のアプリなどが出回っていますが、予想に反して売れなかったり、目論見が外れ購入価格よりも安い金額で販売をせざるえないなど、マイナス収支を叩きだす可能性もあります。

 

また、店舗を回る移動時間を考えると、適切な選眼を持たないかぎり時給換算で1000円を超えることが難しいと言えます。

 

クラウドソージング

期待できる月収:1~10万円

 

店舗を介さず「個人と個人」や、「個人と企業」で直接仕事の請負を行い報酬として給与をもらいます。主にクラウドソージングサイトへ登録し、出されている案件へ応募を行い仕事に着手する形となります。

 

案件はウェブサイト作成や内職など様々なものが出ているので自分のスキルを活かせる作業に応募をして稼ぐことができます。仕事を選べるアルバイトのようなイメージです。

 

家庭教師個人契約

期待できる月収:1~30万円

 

家庭教師は一般的に派遣会社などに登録をしてから家庭に派遣されるスタイルが一般的ですが、自分で受講者を集ってご家庭と個人契約による講師をすることも可能です。

 

直接ご家庭と契約を結ぶので授業料や時間も自由に決めることができ、訪問先の家庭で授業を行うため、個人でも少ないコストで始められるところがメリットとなります。

 

デメリットに関しては、受講者を集めることがとても難しい事と教育をするレベルの高度な知識を身に付けているという部分となります。

 

 

転売ビジネス

期待できる月収:赤字~30万円

 

内容はせどりと同じですが市場価格よりも著しく価値が低い商品を買い集め、利益が出る金額でネットオークションや買取店で売りに出し差額の利益を得る手法です。

 

転売は古来から商業人の間で当たり前のように行われている手法ですが、現在ではインターネットの普及により個人でも適正価格で様々な商品を買えることが容易な時代となったため難易度は高いです。

 

そうした環境下の中で利益を上げるには他者が手を出しづらい海外製品の転売や、売り切れが続出する人気商品を事前に買占め、メーカーが在庫切れを起こしている時に高値で販売するなどが上げられますが道義上、後者はあまり好まれない手法とも言えますね。

 

 

ウェブサービス開発

期待できる月収:0~数億円

 

プログラミングを活用して多くのユーザーが利用できるサービスを展開すると広告収入やサービス利用で稼ぐことができます。

 

ちなみに価格コムなども前身は個人の比較サイト運営によるものでした。今では誰もが知るサービスとなりますが、そうした生活を便利にするシステムやサービスの構築をできれば稼げる金額は無限大とも言えるでしょう。

 

もちろん、プログラミングは一人で行うとなると高度な知識を必要とします。仮にサービスが作れなかった場合でも身に付けたスキルを欲する企業はたくさんあるので無駄にはなりません。

 

ハケントバイトライター
自分一人の力で稼げる職種は他にもあります。

稼ぐことは大変なことですが、個人で行う場合は「需要」があるかの見極めや他者との差別化により勝算がでてきます。うまくいけばより多くの金額を稼ぐことができるでしょう。

難しいことですが、誰もが思いつかない革新的なサービスや方法を実行できれば、それこそ億万長者への夢にも期待が持てます。

 

アルバイトと1人ビジネスの違い

 

一人行うことが副業の中には夢があるほどの金額を稼げる可能性がある反面、デメリットや大変なことが普通に働く以上に多いのが1人ビジネスの特徴と言えます。

 

努力=成功とは限らない

 

アルバイトの素晴らしい所は、どんなことがあっても働いた分の時給が保障されるという点に尽きます。

 

反対に1人ビジネスではアフィリエイトやユーチューブでの副業が特に言えるのですが、頑張ったからと言って金銭を得れるという保証はどこにもないこと。

 

成功している方は、ほんの一握りの存在に過ぎず無収入のまま時間ばかりを労費してしまうことになりかねません。

 

なぜ、ここまでの事を言えるのかと言うと、当サイトのハケントバイトも求人サイトへユーザーを送客させることを目的としたアフィリエイトサイトです。

 

現在は様々な職種経験を持つ複数ライターによる執筆活動を行っておりますが、皆もともと個人でアフィリエイトをしていて、開始1年以内に生活をできるほどの収益を挙げられたの者は0人でした。

 

現在は競合も多く法人企業も参加しているジャンルになるので、他者と違う発想で行うか膨大な記事数と投稿していかないとなかなか収益化は難しく、一人ビジネスは始めやすさはあるものの「稼ぐ」に焦点を向けると恐ろしく手間の掛るビジネスでもあるのです。

 

孤独との闘いが続く

 

人との関わりを一切遮断して作業することは、孤独が好きな人でも時に苦痛に感じることがあるかもしれません。多くの人はアドバイスをくれる人もいないので0から始める場合は何から何まで手探りの状態で進めることになります。

 

詐欺商材に騙されてしまう

 

高額な詐欺情報商材がなくならない理由は上記の「孤独な仕事」という部分も関わっています。

 

1人ビジネスは教えてくれる人がいない場合が多く、おのずとネットで答えや近道を探そうとして、魅力的な読みたくなるフレーズを散りばめた詐欺情報商材を見つけて購入に走ってしまうのです。

 

結果として、それが大して役に立たず無駄な費用を出費してしまったというケースにつながるのです。当サイトのライターの意見として、一人ビジネスの手法は本かネット検索だけで一通りの情報が揃うので充分です。

 

お金を払って情報を買うよりもサイトを綺麗見せるツールや動画的に面白くなる商材など、ユーザーに関わる部分にお金を掛けるほうが良いと感じています。

 

一人ビジネスのメリット

 

厳しい意見も目立つ、一人ビジネスや副業ですが、もちろん魅力もあるからこそ挑戦する人がなくならないお仕事なのです。

 

特に、収入に関してはアルバイトや時には正社員の金額などをも超えてしまう可能性を秘めており、リスクを負う分、時には多くのリターンをもたらすことになるでしょう。

 

アルバイトをするか、自分で稼ぐかは自分の性格や熱意に応じて決めてみるのが良いかもしれません。

 

売上が安定してきたら事業化も考えられるが・・・

 

副業とはいえ、その気になると本業の収支を超えることもあります。月に数十万円の利益を上げられるようになれば税金や事業を拡大するために法人化も検討する必要も出てきます。

 

それでも、どの一人ビジネスにも言えることですが、実際にやってみると安定して稼げるまでの仕組みを作り上げることが恐ろしく大変であることを感じることになると思います。

 

お小遣いレベルの金銭ならまだしも、生活を養うまで稼ごうと思ったらどんなビジネスでも並大抵の意思がないとなし得ることができません。

 

一人ビジネスは本気で取り組んでこそ結果が出てくるものでもあるので、もし0の知識から始めるのであればしばらくの間は勉強と作業をひたすら続ける覚悟も必要となることも是非覚えておいて頂きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です