バイトと派遣に関わるお仕事情報満載!

ホームセンターアルバイトの仕事内容と体験談

広大なフロアを有し、日用品からDIY用品、更にはインテリアなど、日常生活に関わるあらゆるものが売られているホームセンターですが、そこでアルバイトを行う場合はどのような仕事を任せられるのでしょうか?

 

今回はそんなホームセンターの仕事内容から働くことによるメリット、デメリットを実際に経験した人達の体験談を基に解説いたします。

 

時給は平均的

稼げる度 都心部相場 地方相場
★★★ 約1000~1200円 約800~1000円

 

時給は各地方の平均賃金と同等の数値です。極端に高いわけでも低いわけでもなく、業務自体も専門知識をそこまで必要としない職種になるので、初めての方でも安心して取り組めるお仕事と言えるでしょう。

 

充実度(業務の忙しさ)

 

アルバイトでは主に、レジスタッフと品だしスタッフのどちらかの担当として働くことになります。実際はどちらのスタッフも担当の業務に+αの作業(後述)がありますが、四六時中忙しいということはほとんどありません。

 

レジ担当に関してはスーパーなどの他職と比べると、接客頻度が少ないこともあり比較的落ち着いて業務をすることができます。

 

品出しに関しても、事前に段取りを組んで業務を行えるので、フロアこそ広くて移動時間がより多く掛かりますが、計画的に仕事が行えるので激務とまではいかないことが多いです。

 

 

 

ホームセンタースタッフの身だしなみ

 

身だしなみはどちらかというと厳しいお店が多いです。染め毛やネイル、ヒゲなどを禁止しているお店も多く、理由は世代問わず様々なお客様の対応を行うお店であるためです。

 

制服に関しては、お店から支給されるシャツの上にエプロンを着用してのお仕事となります。

 

パンツに関しては、長ズボンの着用が義務づけられジーンズやチノパンを履いての仕事となる場合がほとんどと言えます。

 

 

面接と志望動機

 

面接では主に、勤務時間や志望動機など履歴書の情報を基にした質問がされます。この仕事への応募で難しい質問をされる可能性は低く、志望動機も「時間の都合に合っている」や「稼ぎたい」という理由で特に問題はないでしょう。

 

 

研修はある?

 

大半の店舗で1~2日間の研修があります。

 

当記事を作成するにあたり大手ホームセンターへの勤務歴がある6人の経験者へ聞き込みを行った結果、6人とも研修を行っているとの回答であったため、この業界は研修制度がしっかりしている業界とも言えそうです。

 

研修の内容は主に、教材ビデオ視聴によるものや実際のレジ操作など、細かい部分にわたり事前に教えて貰えることが多いようです。

 

 

ホームセンター店員の仕事内容

 

この仕事に応募をする際に振られる担当はレジスタッフと品出し担当のどちらかとなります。この2つの仕事内容を詳しく見てみましょう。

 

レジ業務

 

商品購入の窓口となるレジは、レジ操作自体が他職の機械とそこまで変わりがない仕様となっているため、経験者であれば即日で使いこなすことができます。

 

未経験者であっても、現在はほぼ全ての店舗でPOSシステムを導入しているため、商品のバーコードをスキャンしていくだけでお会計金額が表示されるので、そこまで難しい操作方法でもないので安心してください。

 

ただ、ホームセンターでは膨大な商品を扱っているケースもあるので、単品のネジなど細かい部品や苗木など一部の品がバーコード対応をしていない場合があり、そうした商品は手打ちで金額を入力するケースもあるので打ち漏れに注意が必要です。

 

また、値引き品などには正規価格から表示分%を割引きする操作などもあり、最初はこうした細かい部分を覚えることに苦労するかもしれませんね。

 

そして、商品の場所を案内したり、会計商品の中に不良品が紛れていた場合は同じ商品を取りに行くなど・・・レジスタッフはどのエリアにどんな商品が置かれているかも早い段階で覚える必要があるため、最初は大変に感じるという意見が多いです。

 

《主な業務》

  • 精算
  • 大型商品などの梱包
  • 館内放送
  • 接客

 

 

ハケントバイトライター
メイン業務を覚えてしまえば後は同じ事の繰り返しです。最初は覚えることが多いので大変だけど頑張ろう!

 

 

品出しスタッフ

 

ホームセンターはフロア自体が広大ですが、裏にはそれと同じくらい大きな倉庫を完備しています。

 

品出しのメイン業務は、商品棚が在庫切れを起こさないように商品を定期的に補充する業務となりますが、基本的には正社員からの指示や渡されるリストを基に倉庫から商品を取り出し店内の商品棚に並べます。

 

特にホームセンターで大変なのは、大きな物や重い物を運び出すことになるので力作業です。男性が主に活躍する担当となります。

 

品出しに関しては様々な商品を扱う特性上、部門ごとに品出しスタッフも分かれている場合があります。

 

重い荷物が多いインテリアや家電類は男性の担当で、食器や衣類関係などの軽い物は女性中心の品出し部門が行うと言った具合です。

 

そのため、全ての物の位置などを覚える必要はなく、部分的に業務をできれば良いのでわかりやすい業務として、頭を使わず体を動かしたい人などには特におすすめできると言えるでしょう。

 

また、お店によっては経験を積むと商品発注や在庫管理なども任せられることがあります。店内の在庫が少なくなった時に商品を仕入れるわけですが、レジと連動させパソコン上で在庫数が管理されているタイプであれば、その在庫数を基に各業者へ発注依頼を掛けます。

 

その他の発注方法としては、月末になどの定期的な期間で在庫数を目視で数える棚卸しを行い少なくなった商品を発注するなど作業もお店によっては行いますよ。

 

更に細かい業務としては、店内の清掃や苗木の水やり、商品が売れたときに重たい物であればお客様の車まで運ぶ(ポーター)など様々なことを臨機応変に行うこともあるので、職場によっては様々な事を任せられるのもこの品出しの特徴です。

 

《品出しが行う可能性のある業務》

  • 品出し
  • ポーター
  • 発注
  • 在庫管理
  • 店内レイアウトの飾りだし
  • 人工芝など切り売り品のカット
  • 家具類の組み立て
  • 資材廃棄

 

 

ハケントバイトライター
やることは多いですが、指示をされての行動なので時間に余裕がある場合が多いです。品出しは、学生のスタッフなども多く見受けられますよ。

 

 

ホームセンターアルバイトの体験談

 

22歳男性 品出し
持ち運ぶ物はテーブルや家電など大型の物もあるのでそれなりに体力を使うかもしれません。

ただ、前職が引っ越し業者だったのですが、それに比べて大型の荷物を運ぶ頻度が圧倒的に少ないので、男性であれば誰でもできるレベルでもあると思います!

 

28歳女性 レジ担当
とにかく扱う商品が多いので、フロア内の配置を覚えることにまず苦労します。

それでも、精算業務自体は対応の頻度が他職と比べて少ない気もするので、ある程度落ち着いて仕事ができています。

 

19歳男性 品出し
重たい物を運ぶよりも、どちらかというとネジとか細かい部品を並べていく方がめんどくさいです。

見た目が似てる部品なんかも多いので、違う棚に間違っていれてしまったりすると後々大変ですね。笑

 

30歳女性 レジ
客層が幅広い世代なので、中には商品説明に四苦八苦することもあります。

それでも、専門的な商品説明はそれぞれ担当がいて、そのスタッフに回せばいいので楽と言えば楽かもしれませんね。

 

 

メリットとデメリット

 

ホームセンターでは従業員割引制度を設けているお店も多く、生活用品なども割引で買える場合があります。

 

日常生活に密接に関わる職場だからこそ出来る特典といえ、ご家族と同居をしている方などにとっては、特に大きな恩恵に感じますよね。

 

反対にデメリットとしては、閉店時間が全体的に早いことが挙げられます。フロアが広い分、締め作業を早めに行うことが求められるためで、多くのホームセンターは20時頃になると閉店をします。

 

長時間勤務したい方や夜の時間を使って稼ぎたい人にとってこの部分がデメリットですね。

 

 

求人を探すには?

 

ホームセンターで働きたいと思ったときは店舗へ直接問い合わせを行うか、それが気まずいようであれば、WEBからの応募で担当者から連絡を受けることもできます。

 

体力的に厳しいや覚えることが多いという意見も目立つ仕事ですが、それ以上に様々な人と接する機会があったり、任せられる仕事が多いなどやりがいは強いと言えるお仕事と言えます。

 

下記求人サイトでは、そんなホームセンターの求人を取り扱うサイトをまとめましたので是非気になる方は挑戦してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です