バイトと派遣に関わるお仕事情報満載!

バイト求人の長期・短期いつまでが境目になるの?

求人サイトを見てると良く目にする「長期歓迎」や「短期バイト」と言った記載ですが、これらの期間は一体どれくらいの月日の事をさしているのでしょうか?今回はそんな長期・短期と言ったそれぞれの期間の一般的な認識を確認してみましょう。

 

期間ごとの境目

 

長期 短期 単発・超短期
6ヶ月~ 1ヶ月~3ヶ月 1日~2週間

 

 

実は、この期間による問題は正確に定義をしてるわけではないので求人を出す各社によって認識が違うことがあります。ただ、主に長期は半年以上の歳月を継続して勤務ができる人材を探しているという回答が圧倒的に多く、主に継続して勤務を続けるアルバイトの形態に多い募集のされ方になります。

 

余談ですが、長期歓迎の案件であれば本音を言うと続けるだけ仕事を続けて欲しいという企業が圧倒的に多いです。例えば、人材を採用するため求人サイトに募集を掲載してもらうだけでも、月に数万円ほどの費用が掛かる場合があるので、会社は人を集めることに多額のお金を掛けていることになります。

 

その際に、採用された人材が仕事を覚え、継続的に勤務ができれば余分な採用費を掛けずに会社を運営できるため長期歓迎案件にはこうした思惑が隠されている場合があるのです。

 

長期求人をすぐに辞めてしまっても大丈夫?

 

入社当時は長期のつもりで入っても、仕事や人間関係が合わず辞めたい場合は辞職の意思を伝えても特に問題はありません。条件に違反しているから・・・と思う方もいるかもしれませんが長期歓迎求人を短期で辞めることは法律で考えても違反となることはないので、時間を無駄にせず早めに退職の意思を伝えるようにしましょう。

 

また、自分としては6ヶ月~1年くらいの勤務を考えているという場合でも、遠慮せずにやりたい仕事であれば応募をするべきです。この期間の指定に強制力はないので、場合によっては3ヶ月の方でも問題はありません。ただし、会社側の意思をくみ取ることを考えると、面接の際に期間の部分は正直に伝えたほうがもちろんいいでしょう。

 

実際はあまり長くない期間を希望していた場合でも事前に伝えておくことで、会社側は今後の事を考え引き続き求人募集を続けるといった選択もできるわけですからね。

 

短期案件は幅広いことに注意

 

短期の求人は主に派遣契約によって行う仕事が中心であり、契約期間に応じて仕事の実働日数が決まります。当サイトで確認をできただけでも「短期」という記載で1ヶ月~1年の期間に限定して求人を募集している企業や店舗がありました。

 

短期の多くは、自分が今後仕事を続けたくても契約期間を迎えることによってその仕事が強制的に終了する案件が多数です。

 

そのため、応募をする際には「どのくらいの期間になるのか」や「期間中のシフトはどのようになるのか」をしっかりと確認しておくことが大切です。

 

長期バイトよりも辞めづらい?

 

短期バイトは決められた期間の仕事をこなすために、契約期間を予め定められ契約書を交付される仕事もあります。そのため、長期バイトよりも辞めづらさがあることに注意が必要です。

 

本来はその期間の履行をすることが責務となるわけですが、期日を迎えるまでにどうしても耐えられなくなったり、続けたくないということであれば、まず交付された契約書を確認してみてください。

 

契約書のなかには退職や辞退に関する事項が定められていて、そこには「退職の場合は○○日前に伝える」といった記載がある場合があります。

 

申告を行い規定の日数まで勤務をすることで退職ができるようになります。もし、即日で辞めたいということであれば、派遣会社の担当に直接相談をするほかありません。

 

場合によっては、変わりのスタッフを現地へ派遣してくれたり、契約期間内でもシフトの削減を認めてくれることがあるためです。それでも、短期の場合は基本的に期間内に人員が必ずいなくては困るという状況のもとで働くことになるため、仕事を決める段階でしっかりと確認をすることが特に大事と言えるでしょう。

 

万が一、無断欠勤をしたことによって会社の業務が進まなくなってしまったなどの実害が発生してしまった場合は、無断欠勤によって発生してしまった費用や得られるはずだった利益などを会社側から損害賠償という形で請求される可能性もあるので、無断での欠席は当然ですが絶対にやめましょう。

 

結論としては、これらの期間に関する定義が存在しないため、気になる場合は各会社へ直接確認を取る方法が最善の選択と言えます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です