バイトと派遣に関わるお仕事情報満載!

スタッフが一番出会える?相席居酒屋のアルバイトの仕事内容とは?

出会いを求める男女が集まる新しいスタイルの居酒屋である相席屋ですが、実はアルバイトとしても激熱な業務!?

 

どうもこんにちわ!ハケントバイトのSです!今回は世間的にはかなりレア?なバイトである相席居酒屋について解説を行いたいと思います!

 

今回この記事を書こうと思ったきっかけは、筆者の友人からとある相席屋バイトの話を聞いた時に、すごく気になり数日の体験アルバイトをさせてもらった為です。実際にやってみると結構美味しいアルバイトでしたね。

 

そして調べれば調べるほど、魅力を感じる仕事内容なので、このバイトに興味を持つ方に今回の記事は参考にできると思います!もちろんお店によって異なる部分がありますが、今回はこんな感じのお店という大枠で説明をしますよ!それでは行きましょう!

 

時給はどのくらい?

 

稼げる度 都心部相場 地方相場
★★★★ 約1100~1350円 約950~1100円

 

時給は周辺の居酒屋と同様か若干それよりも高い傾向にあります。相席居酒屋がある地域は主に都心部や交通の便が良い所に集中しています。

 

営業時間は主に17:00~24:00までの営業であるところが多く、22:00を超える勤務であれば当然ながら深夜手当も付くことになるので、稼ぎたい人にも旨味がありますよ!

 

職場の男女比やどんな人が働いている?

筆者の体験したお店では、なんとホールスタッフはほとんどが男性でした。そして、キッチンスタッフの中には女性スタッフがいますが表にでることは基本的にありません。

 

過去に居酒屋で働いていた私からすると、まるっきり逆の構成に物凄い違和感を覚えたのですが、これにはしっかり理由があって、表にでるスタッフが女性メインだと出会い目的で来たお客さんからナンパをされたり、待ち時間などに話しかけられて仕事がなかなか進まないという理由から来ているとのことでした。

 

たしかにホールスタッフとして働いた私でも、ギラギラした目つきで来店される人の気配をいくらか感じていましたね。そして、従業員はイケメンの大学生が多く、ある程度の顔採用はしているとの正直な意見を店長から聞くことに。笑

 

お店のシステム

相席居酒屋の料金システム

 

ここで、筆者の居たお店の大まかな仕組みを話します。まず、女性は何があろうと飲み放題食べ放題0円です。その分の費用を負担するのはもちろん男性で、男性側には女性と同席した時点でサービス利用がスタートします。

 

マッチングをしてから最初の30分間は2000円で、それ以降は1時間経過するごとに3000円の利用料が掛ると言うもの。

 

そのため、長居をすればするほど費用が掛かることになるのですが、キャバクラに行くくらいの金額で楽しめてしまうことから、そこまでの割高感をあまり感じないという人も多いです。

 

しかし、最初の30分に関してはどんな子がついてもチェンジをすることができないという制約もあります。

 

面接ではどんな人が採用される?

 

あくまでも、筆者の潜入した店舗のみの話ですが、相席屋では軽いノリの人の方が採用はされやすいです。なぜなら、スタッフ自身が男性、女性それぞれのお客さんを取り持つ必要があることや外へ出て呼び込みなどを行うからです。

 

このあたりは後述の仕事内容で詳しく説明しますが、そんなことから面接では志望動機うんぬんよりも、その人の雰囲気で適正があるかを判断しているということでした。アルバイトの中でもこの部分がかなり特殊ですね。

 

仕事内容

それではここで、実際の仕事内容を解説しましょう。この業務の部分で向き不向きがはっきり分かれることになりますが、面白そうと感じる方は求人がある限り迷わず挑戦してみてください!

 

ちなみにここではホールスタッフのメイン作業を解説します。キッチンに関しては当サイトのファミレスキッチン業務の記事を参考にしてください。

 

来店案内

 

お客様が来店をされたときに、普通のお店であればそのまま席へご案内をするのですがこの部分は同じです。ただ、相席屋の場合は男女のグループが揃わないと始まりません。

 

特に開店すぐの段階では必ずと言っていいほど、どちらかが欠けていて(ほとんど女性が足りない)すぐにマッチングできる状況ではないので、まずは卓へご案内をしてマッチングができるまで待ってもらう形となります。

 

その際に、筆者のお店ではホワイトボードを使って男性・女性のそれぞれの待ち組数を管理して男女が揃い次第、先着順で席移動をしてもらいマッチングをさせるという手順でしたね。

 

ちなみに筆者の居たお店では、マッチングまでの待ち時間は飲食が無料で行えるサービスをしていたので、卓へ案内をするとドリンクとフードの注文を取ります。

 

タダで食事やお酒を楽しめるので、お客様から待ち時間に対するクレームや不満が起きないように工夫されていました。なんと大判振る舞い。

 

司会進行

 

そんな待ち時間を終えてマッチングの準備が整うと、男女どちらかのグループを相手側の席へ案内をします。この時に「それでは開始します。」とそのまま始める所もありますが、筆者の所はお互い顔合わせの段階では緊張もしているだろうということで、店員が乾杯の音頭を取ってから退散をしていました。

 

この際に最初の印象を暗くしないように音頭は精一杯明るい表情と声で盛り上げてあげることが地味に恥ずかしかったです。

 

「本日はご来店ありがとうございまぁぁす!!それでは、私の合図で乾杯を始めさせて頂きまぁぁす!今日の出会いにぃぃーーかぁぁーんぱぁぁーいィィ!!」こんな感じですね。

 

まぁでも、本当に恥ずかしい人はもっとクールにやっても問題はないのですが。店長から言われることはとにかく最初の場を暗くするなということです。その後は勝手に盛り上がっていうスタイル。笑

 

チェンジ対応

 

店内では初対面とは思えないほど盛り上っているグループもあれば、お通夜のように静まり返っている残念な卓もあります。この際に、相席屋では相性の合わない席をなくすことを目的とした「チェンジ制度」を採用していて、トイレなどの目だたないところにチェンジ希望カードというものが置かれています。

 

男女ともに、相手がどうしても無理という場合はその紙を書いてこっそり店員に渡します。もちろん、直接店員に申し出してくる場合もありますよ。

 

そのカードを貰った店員は、事情をくみ取り数分経過した後に「申し訳ございません。只今、男性側のお客様が増えすぎてしまって入れ替え制をとっております。あと5分で女性組の入れ替えをさせて頂きますのでご了承のほどお願い申し上げます。」と理由を付けてその組を引きはがし、別卓へ入れ替えを行います。

 

まぁでも、このチェンジは正直多いです。失礼な話ですが、筆者のお店では、チェンジ作業は手間と精神、そしてお客同士の楽しい場を損ねてしまうので、事前に大体ルックスが同レベルくらいのグループを意識的にマッチングさせるようにするというマニュアルがあるのですが、女性が欠けてしまっている状況ではそんな余裕はさらさらありません。

 

時には女学生グループと40代の中年層を相席させることもあるのですが、こうした時のお互いの表情を見ると何ともやるせない気持ちになりますね。

 

呼び込み

 

都心部などであれば、黙っていてもお客さんがわんさか入ってきますが、地方のお店だとそうはいきません。特に平日なんかは場合によって女性が1~2組くらいしかいないこともザラで、これだと会社の売上的にもまずいので、入りが少ない時や、片方が余ってしまう時には店外へ出て呼び込みを行います。

 

筆者の所ではしつこい勧誘や足止めさせるなど法律に違反しないように、でかいプラカードを掲げて突っ立っているだけでしたね。その看板には「女性食事アルコール0円!!」と書いてあるので内容にインパクトがあり、黙っていても逆に声掛けをされるので、その際にシステムやフードの説明を行い店内へ案内をします。

 

この呼び込みに関しては、都道府県の条例によって内容も変わりますが、基本的には店舗アルバイトが行う業務で呼び込みに対する歩合などはありません。

 

オーダー受けや精算

 

この部分は他店と同じですが、オーダーに関してはビュッフェ、フリードリンク制のセルフ式のお店もあれば、オーダーを受けるとしても少ない種類のフードや軽食などの提供しかしない相席屋が大半なので、普通の居酒屋と比べると業務がとてつもなく楽です。

 

筆者のお店では食べ放題メニューは冷凍食品のみで、ドリンクに関しては全てセルフとなっていました。

 

体験人筆者S
仕事内容はざっとこんな感じ!

居酒屋+αの業務で大変そうに感じますが、他の部分で負担を軽減しているので忙しさは居酒屋と比べたら少し楽なくらいかもしれません。

 

 

相席屋の特徴。メリットデメリットなど

 

ここからはこの仕事について特徴や個人的に良かったことなどを解説します。たった数日の仕事でしたが、普通のバイトでは味わえない特殊な経験ができたと思いますね。

 

店員の方が出会いがある?

 

このバイトの美味しいところは、店員でも異性と仲良くなれるチャンスがあるということ!

 

なぜなら、女性グループが対面する人は、もちろん初対面の人たちになりますから、友達に連れてこられたとかで不安に思う人も中には結構いたりします。

 

そうした時に唯一頼れるのが店員であり、色々と助言や困ったことがあったら言って下さいなどとフォローしておくことで、連絡先を聞けるくらいの発展をすることもよくあります。

 

先輩大学生いわく、特に呼び込みの段階で信頼関係を築けると連絡先交換の成功率は格段に上がるということで、ある程度のトークスキルを必要としますが、これほど出会えるバイトは滅多にないんじゃないかなって思うくらいで驚きましたね。全うな出会いかどうかは別として。笑

 

実際に入って色々学んだ5日間で筆者(28歳)も3人もの連絡先を交換することに成功!店員なのに何やってんだと思われそうですが、異性と会話をする機会も他職と比べて抜群に多いので、必然的にそうしたチャンスがよく訪れますよ!(なぜ私の学生時代に、こんな素晴らしいお店がなかったんだ・・・)

 

どんな人が集まるの?

 

相席居酒屋で働くにあたって、そこに来店する客層がどのような人たちなのかは気になる部分だと思います。結論から言うと男性は20~40代までの幅広い層が来て、女性は主に20代の人たちが中心です。

 

そして、来店客がどのような意図を持ってこのお店にくるのかというと・・・想像の通り、男性では出会いや遊び目的の方、女性はタダ飯やタダ酒を楽しみたいだけの女性です。

 

熱心にアピールをしながら、退店後の約束を取り付けようとする男性と、そんなこと気にも留めずただ黙々と御飯を食べる女性など・・・

 

この関係が色々なドラマを起こして傍から見ているぶんには面白いのですが、客同士トラブルやクレームは起きやすい現場になるので、従業員側はそれなりに疲れることも。筆者が居た数日だけで起きたクレームでは以下のようなことを言われました。

 

 

男性から
今すぐチェンジできないの?話しかけてもろくに会話返さないし、こんな奴に金だけ払ってすごい不愉快。

 

筆者S
うんうん。言いたい事がすごくわかります。

もちろん男性は、ごはんやタダ酒目的で女性が来ていることは承知の上ですが、その際にあまりにも会話に付き合わない対応というのは失礼だと店員の私でも感じちゃいました。

 

女性から
合って数分しか経ってないのに連絡先とかカラオケ誘われて怖いので席換えてくれませんか?

 

筆者S
これもよくあるパターンですね。

主に男性側の対話スキル不足が起因していることになりますが、中にはベロベロの状態でマッチングさせたりすることもあるのでこうした事態が起きてしまいます。

 

筆者S
そんなこんなで、男女の駆け引きが日夜繰り広げられるある意味、戦場のような職場なのです。

店員はこうした数々のしがらみの中で中立を保ちそれぞれの味方をしてあげることから、好感を持たれやすく店員にも出会いチャンスがあるのですね。(ゲス顔)

 

やってみて良かったと思うことは?

 

店員でも出会いがあることは先に述べましたが、その他にもメリットに感じる部分はいくつかありましたね。まず、ある程度稼げるバイトながら楽な時間も多いことでしょうか。

 

普通の居酒屋をやっていた時は、休前日の夜になるとドリンクオーダーが殺到して現場がパンクをしてしまうことがよくありましたが、ここでは土曜の夜こそ忙しいものの、マッチングの割振りや時間管理に気を使っていれば手が回らなくなるほど忙しくなることはありません。

 

客層に関しても、意外と分別がしっかりしている方も多く、クレームに発展することはあまりないと筆者の友人が語っています。たしかに初対面同士で、はなからクレームを付けるような人は相手側に間違いなく敬遠されますから横柄な態度がしづらい空間でもあると思うんですよね。

 

まぁでもここで味わった経験は普通のバイトでは学べないとても貴重な経験となりました。

 

まとめ

 

只今流行中の相席居酒屋ですが、イキイキと働ける環境がそこにはありました。でもこの仕事は少し特殊なのでやっぱり向き不向きが一瞬で決まる仕事でもある言えそうですね。

 

出会いの欲しい人からわいわいした所で働きたいなど、自分にそうした願望がある場合はこのうえなくおすすめの最強バイトであることは間違いないかもしれません。

 

ここまで良い事ばかりで書いていますが、パッと思い浮かぶデメリットは、まかないがないことで本当にそれ以外は思いつきません!笑

 

絶対数が少ないので求人自体はとてつもなく少ないことが予想されますが、そんな経験が思う存分できるこのアルバイトに挑戦して一皮剥けてみてはいかがでしょうか!?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です